文禄元年、唐津松浦半島の名護屋の領主、
波多三河守が太閤秀吉を供応するためにつくった
「唐津御茶屋」に因んで名づけさせていただき、
唐津湾が一望できる眺めの良い旅館の最上階に
プラスして新設いたしました。

 茶屋は、元来は茶を点じて供する處のことですが、
当茶屋は、江戸時代ににぎわった、今でいう、
グルメのための料理茶屋と思し召しください。 

             

   唐 津 茶 屋 の 由来


 博多の豪商、神屋宗湛(かみやそうたん・・当時外国との
貿易で富を築き、秀吉にかわいがられていた商人)の日記
によりますと、

 名護屋における茶会の記録は 四十九回もあったようで
ございます。

 また、石田治部丞より山内橘内への書状の中に、
 「唐津茶屋」での秀吉の食事が書かれておりました。

 料理の品数は、

     御うへさま御膳(太閤秀吉様の料理)
          本(膳の料理が)、 五つ(品)、
          二(の膳の料理が)、二つ(品)、
          三(の膳の料理が)、二つ(品)、
          御汁(の料理が)、 三つ(品)。

                    となっています。

 きっと、豪華なおご馳走だったと思われます。

 それでは、「唐津茶屋」へおこし頂く日を楽しみに
いたしております。


          
   眺めのよい衝立仕切席     個室感覚の      旅館の4階
                       掘りごたつ席     唐津茶屋入り口

           

 唐津松浦半島名護屋の領主、波多三河守が太閤秀吉を供応のためにつくった「唐津御茶屋」
博多の豪商、神屋宗湛(かみやそうたん)の日記 名護屋における茶会の記録は 四十九回。